FC2ブログ
2020.09.08(Tue):浮物語-works
スロージギング用ジグです。スロジギはほとんどやったことがないんですが、
見よう見まねでやったときは何も釣れなくて、買ったスロジギ用ジグは
引き出しの中にしまってそのままでした。         

ある動画を見てまたやりたくなって、やるなら釣れそうな、
あるジグとあるジグを足して二で割ったような形にしました。
平ジグ

本当は若干フロントバランスにしたかったんですが、
ただのセンターバランスになってしまいました。
市販されているジグより少し細目な感じにしました。
狙いは青物、うっかり、ホウボウ、あたりでしょうか?
頑張れば100mちょいまで狙えるかもです。
細目にデザインしたのでアピール力は落ちたと思いますが
、ピッチの細か目のヒラヒラホールで誘いたい狙いです。
こういった感じのは販売されているようですが作りたくなっちゃったんです。

このジグではサバが釣れてくれました。
アクションは悪くなかったです。ふつー。
スポンサーサイト



2020.09.07(Mon):浮物語-works

 TGベイト、鉛ベイトではなんのあたりもありませんでしたが、魚は釣れました。

 TGベイトはやっぱりただ巻きはなんのアクションもしませんでした。
当然鉛ベイトもアクションしません。
ではなぜ釣れると言われているのでしょうか?
そうか、シルエットか?TGベイトのシルエットにアレンジして製作。
鉛ベイト
少し大きめのも。
鉛ベイト.大

ロッドとリールを新しくしたので少し重めのジグも製作。
エラからラインアイまでの形状はそんなにこだわらなくてもいいんだけど塗装の関係でこんな感じに製作してみました。
本当はもっとシンプルな方が作りやすいんだけど、どうせ作るならと、それなりにしました。 
手を加えようが、シンプルにしようが魚はそんなところ見てないでしょうね?
ということで、作り手の勝手にしました。
 
 若干前方センターバランスで水平ヒラヒラホールです。TGベイトとは逆にしました。意味はないです。実際使って見ました。

 次回はもう少し平べったいジグの製作です。
2020.01.09(Thu):浮物語-works
   3年ぶりの更新!訪問していただいている方々ありがとうございます。

  いつ頃前からかわからないですが、話題のTGベイト。
カヤックでの動画を見ていると使っている方が多い様に思います。
メーカーのフィールドスタッフ?の方々は誰一人、ただ巻きで釣れるなんて一言も言って無いのに、
なぜかカヤックの方々はただ巻きで釣れると言ってますね~?

確かにただ巻きでも釣れますがシャクってよりアピールで魚を誘う。と言うのは聞いたことがあります。
 他にメジャークラフトのジグはただ巻きで釣れると言っていました。
 
ただ何でただ巻きで釣れるのか考えたことありますか?

TGベイトはタングステンで鉛の比重の倍弱あります。小さいシルエットで速く沈む。と言ったところでしょうか?
じゃあこれを鉛にしたらどうでしょうか? 
TGベイト2
鰓から前は自分好みに作り直しました。
形は同じで大きさも同じ、重さだけが違う物ってどうなんでしょうか?
鉛ベイト
 簡単に80gのTGベイトを鉛にすれば40gの鉛ベイトができる訳です。
重さが半分なら沈むスピードは倍、なんですが!!リトリーブスピードは半分でいいんです。
当然です。言い変えればアピール力が倍になるわけです。
 
 動画を見ている範囲ではあのリトリーブ速度でTGベイトがアクションしているとは思えないです。
仮にスプーンの様なアクションをしているとして、比重が半分の鉛ならリトリーブ速度を半分にしても同じアクションをしてくれるってことですよね?

 微妙に変わるんじゃないの?と思っている方がいるかもしれません。
じゃあ微妙とは3匹釣れるところを2匹釣れた、が微妙なんでしょうか?大した差じゃないですよね~?
3匹釣れるところをボーズあるいは1匹ならそりゃ大差ですよ。
 真鯛が釣れなくて、サバ、イトヨリしか釣れかったのは微妙な差じゃなくて、
そこに真鯛がいなかっただけじゃないですか?
 
 金属が変われば比重が変わり、リトリーブスピードが変わるだけです。
ただそれだけあとはメーカーや動画に踊らされているだけです。
 釣りにほとんど行けていない私が言うのもなんなんですがルアー、フライを自作できる私ならではの意見です。                    

 困った時のTGベイト頼み?でしたっけ。

 あと最近ハイブリッド合金とかって言っていますが金属とゴムとかだったらハイブリッドでしょうが、ただの合金ですからね!
18金だって、18金合金ですから。ハイブリッド合金は比重を軽くしたただの合金です。
 また浮けることが出来ました。
中潮最終日でしたが、それなりに流れがあって
広く探れた気がします。
開始一時間ちょっとで鯛が釣れました。
鯛一匹
 その後も棚を変え試してみたのですが反応無しで
浅場へと移動中に魚探の画面が消え、
再度スイッチを押しても配線を確認しても
起動画面は出るんですがすぐ消えてしまったので
ここからは二年前の記憶をたよりにカサゴをねらいに行きます。
狙い棚は大きくハズさなかったようで数投目には
懐かしいこの子、ここで釣ったのは初めてでした。
アカハタ
 その後も粘ったのですがアタリ無しで
ワカシが釣れたと記憶しているところへ移動しキャストです。
一投目からキャッチ、ここもおおよそあっていたようです。
キャストする度にアタります。楽しかったです。
最後の一流しで潮上へ移動し一匹キャッチして流されながら納竿しました。

 今回は今日しかないと数日前から思っていました。
遊び前後の仕事内容、潮と風の状態がすべていい感じでしたから。
でも、今まで浮けて無かった中で前半二回は良いんじゃない?

釣果はこんな感じ。
今回の釣果

二年ぶりに真サバも釣れて久しぶりに鯖の刺身も食べられましたし。
うちでは鯖は酢で締めないで生のまま刺身にしています。
アカハタとイトヨリはアクアパッツァにしました。
鯛はいつもの寿司。
二回目の鯛寿司
刺身、煮付け、お吸い物、と子どもたちはしゃぶしゃぶだって。
来月は無理でしょう。早くも納竿ってことは無いでしょうが、
浮けないでしょうね~。
しょうがないので何か作ってみるか?


 この素人戻りにしては十分で楽しい二回浮きでした。運が良かった。それだけ。
たぶん、ワカシだと思うんですがアタリは多かったなぁ~。


 前回の釣行で何も得られなかったため
時間があるうちにリトライをしてきました。

 慣れないため、出艇前の画像なし。
やっぱり、ぜんぜんアタリがありません。
丁寧に攻めていたつもりでした。
経験がないのでわかりません。
日が上がってぼさーっとしていたところ
ドーン。
真鯛2
58cmでした。
釣れるとは思っていなかったので
初の物持ち。
物持ち
シッポが切れてますね。
お土産ができたので少し気持ちに
余裕?ができました。
少し移動してまたまた
ドーン。
真鯛1
54cm。
ツイッターやってたころは
「わーーーい」とかいってたなぁ~~。
もうクーラーに入らないので沖上がりです。
前回とは違って、まぐれ、偶然でも
海の魚がたべられました。
今回の釣果。
鯛釣果

 二年間以上行けてなかってので
十分です。6月一回行けるかな~?

 鯛はにぎり?
鯛寿司
刺身、カルパッチョ、煮つけ、
タイ飯、写真を撮るのを忘れて
食べてしましましたが美味しかったです。

 そう言えば、自作のヘッドは誘導しませんでした。