FC2ブログ
2020.09.08(Tue):浮物語-works
スロージギング用ジグです。スロジギはほとんどやったことがないんですが、
見よう見まねでやったときは何も釣れなくて、買ったスロジギ用ジグは
引き出しの中にしまってそのままでした。         

ある動画を見てまたやりたくなって、やるなら釣れそうな、
あるジグとあるジグを足して二で割ったような形にしました。
平ジグ

本当は若干フロントバランスにしたかったんですが、
ただのセンターバランスになってしまいました。
市販されているジグより少し細目な感じにしました。
狙いは青物、うっかり、ホウボウ、あたりでしょうか?
頑張れば100mちょいまで狙えるかもです。
細目にデザインしたのでアピール力は落ちたと思いますが
、ピッチの細か目のヒラヒラホールで誘いたい狙いです。
こういった感じのは販売されているようですが作りたくなっちゃったんです。

このジグではサバが釣れてくれました。
アクションは悪くなかったです。ふつー。
スポンサーサイト



2020.09.07(Mon):浮物語-works

 TGベイト、鉛ベイトではなんのあたりもありませんでしたが、魚は釣れました。

 TGベイトはやっぱりただ巻きはなんのアクションもしませんでした。
当然鉛ベイトもアクションしません。
ではなぜ釣れると言われているのでしょうか?
そうか、シルエットか?TGベイトのシルエットにアレンジして製作。
鉛ベイト
少し大きめのも。
鉛ベイト.大

ロッドとリールを新しくしたので少し重めのジグも製作。
エラからラインアイまでの形状はそんなにこだわらなくてもいいんだけど塗装の関係でこんな感じに製作してみました。
本当はもっとシンプルな方が作りやすいんだけど、どうせ作るならと、それなりにしました。 
手を加えようが、シンプルにしようが魚はそんなところ見てないでしょうね?
ということで、作り手の勝手にしました。
 
 若干前方センターバランスで水平ヒラヒラホールです。TGベイトとは逆にしました。意味はないです。実際使って見ました。

 次回はもう少し平べったいジグの製作です。
2020.01.09(Thu):浮物語-works
   3年ぶりの更新!訪問していただいている方々ありがとうございます。

  いつ頃前からかわからないですが、話題のTGベイト。
カヤックでの動画を見ていると使っている方が多い様に思います。
メーカーのフィールドスタッフ?の方々は誰一人、ただ巻きで釣れるなんて一言も言って無いのに、
なぜかカヤックの方々はただ巻きで釣れると言ってますね~?

確かにただ巻きでも釣れますがシャクってよりアピールで魚を誘う。と言うのは聞いたことがあります。
 他にメジャークラフトのジグはただ巻きで釣れると言っていました。
 
ただ何でただ巻きで釣れるのか考えたことありますか?

TGベイトはタングステンで鉛の比重の倍弱あります。小さいシルエットで速く沈む。と言ったところでしょうか?
じゃあこれを鉛にしたらどうでしょうか? 
TGベイト2
鰓から前は自分好みに作り直しました。
形は同じで大きさも同じ、重さだけが違う物ってどうなんでしょうか?
鉛ベイト
 簡単に80gのTGベイトを鉛にすれば40gの鉛ベイトができる訳です。
重さが半分なら沈むスピードは倍、なんですが!!リトリーブスピードは半分でいいんです。
当然です。言い変えればアピール力が倍になるわけです。
 
 動画を見ている範囲ではあのリトリーブ速度でTGベイトがアクションしているとは思えないです。
仮にスプーンの様なアクションをしているとして、比重が半分の鉛ならリトリーブ速度を半分にしても同じアクションをしてくれるってことですよね?

 微妙に変わるんじゃないの?と思っている方がいるかもしれません。
じゃあ微妙とは3匹釣れるところを2匹釣れた、が微妙なんでしょうか?大した差じゃないですよね~?
3匹釣れるところをボーズあるいは1匹ならそりゃ大差ですよ。
 真鯛が釣れなくて、サバ、イトヨリしか釣れかったのは微妙な差じゃなくて、
そこに真鯛がいなかっただけじゃないですか?
 
 金属が変われば比重が変わり、リトリーブスピードが変わるだけです。
ただそれだけあとはメーカーや動画に踊らされているだけです。
 釣りにほとんど行けていない私が言うのもなんなんですがルアー、フライを自作できる私ならではの意見です。                    

 困った時のTGベイト頼み?でしたっけ。

 あと最近ハイブリッド合金とかって言っていますが金属とゴムとかだったらハイブリッドでしょうが、ただの合金ですからね!
18金だって、18金合金ですから。ハイブリッド合金は比重を軽くしたただの合金です。
2017.05.14(Sun):浮物語-works
 前回の続きです。
サフまでやったら、基底部にアルミ箔を
貼ります。
アルミ箔
次に側面にストレッチホロ(シルバー)を貼ります。
ストレッチホロ
このストレッチホロはゴールドがないため
シルバーを買って、金にします。
クリアーイエロー
金の仕方はクリアーイエローを塗るだけです。
ここから色を塗っていきます。
色止め
前には蛍光グリーン、後方側面にはクリアオレンジ
後方は蛍光ピンクにしました。
ここまで塗ったら、いったん色止めを2回します。
色止めをしたら真鯛が好きといわれている
グリーンを塗っていきます。
色完成
グリーンって、言う割にはゴールドが強い気も
すますがまぁ~いいでしょう?
そうしたら目のシールを貼ります。
目シール
意味はないですがこの目シールはケイムラ効果が
あります。
ブラックライトを当てるとこうなります。
ケイムラ効果
蛍光色もブラックライトに反応します。
ちょっとグリーンっぽさが足りないので
こんなのもやってみました。
ミドリ
これは途中ですがなんかパッとしないので
ここまでです。
一応、ゴールドのホロテープで
ジグも塗ってみました。
こんな感じ

 うん、一応できたし、使う予定がないので
ここで全部お蔵入りです。


 う~ん、でも、もうちょっとグリーン強くてもよかったですね?

2017.05.04(Thu):浮物語-works
 連休も仕事しながら過去の
不出来な物を清算します。
いらない錘
これらです。
これでもまだ一部。
いらないものはいらない。
溶かしちゃいましょう。
溶かしちゃった
いらないものに遠慮はない。
鉛の塊に戻すだけ。
で、再鋳造。
2way
今までより重心を後方にして改良。
鋳込み
一塊でこれだけまだまだあります。
これを形成。
形成
で最後にサフ吹き。
サフ
サフがかなりあまいがやらないよりはずっといい。
次回はホロ貼りと塗装。