上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 今回は芦ノ湖に行って来ました。

 目的は杉坂研二さん監修のフライロッドK・Bulletが振れるということを知って触れてみたかったんです。
しかし場所は白浜。聞いたことはありましたが
行ったことが無くいろいろ調べて、なんとなく行き方がわかり
暗いうちに行ったのですが真っ暗で怖くてUターン。
近くの駐車場に戻って横になっていました。
 明るくなって再度白浜へ。お―浜だ!
車も何台か停まっています。道路からは既に浸かっている方が3人います。
?車はもっとあるのに?
 
 さて今度はどこから浜に降りていいかがわかりません。
とりあえずウェーディングの用意とタックルを揃えてプチ散歩。
苔?
 今回は釣るのが目的ではないので焦ることもなく、フライマンの森林浴って感じでした。
でも内心初めての場所でウキウキでした。
 浜についたら来ました!芦ノ湖の匂い!いいねぇ~。
山中湖の匂いも泥臭くて嫌いじゃないんですが、芦ノ湖はなんとなく漂うぶどう虫の匂いが懐かしいです。
 
 釣り開始です。いつもの20年前のライン。今回は♯8typeⅣのシューティングヘッド。
ランニングラインは以前はフローティングだったんですが今はなぜかインターミディエイト(笑)
朝から向かい風でまともにキャストできないうえに向かい風は辛い!
風が弱くなるのを待ってキャスト!私が投げる少し先でマスがライズしています。
活性はいいようだが届かないと話にならない。
どう頑張ってもフィーディングレーンまで届かない。

 そうこうしているうちに試し振りの方々がいらしたようで?
あれ?あの人?杉坂研二さん?ぅわ~本人も来るんだ~。と少し尻込み。
ショップの人だけだと思っていたので?杉坂さんもショップの方だったら意味が分からなくなってしまうんてますが本人が登場とは想定外でしたキャストを見られるのが恥ずかしい。
なにやらテント?を設営しています。
 こういうの初めてなので話しかけるタイミングがわかりません。
いい大人が情けない。でも思い切って挨拶を済ませ
「HPを見て参加させて頂きたいんですがよろしいですか?」
から始まり、発売前の竿、完全間際の竿、どれも凄かった。
ちょっと振らせてもらったんですがラインの出が早く、
自分が上手になった錯覚するほどのロッドK・BulletとラインKenCube。
 確かに20年前とはまったく違ってました。
正直、K・Bulletじゃなくてもよかったっていうのが本音。
昔とはどの位違うのかを知りたかったんです。
 どうやら現在は道具が技術をカバーしてくれる時代のようです。
私の知っている天龍はロッドが重いと思っていたんですが、なんのなんの!
軽い軽い!絶対このロッドでしょう!お金貯めなきゃです!
2ショットで写真まで撮らせていただきました。
杉坂研治さんとツーショット

 杉坂さんとスタッフの方達に挨拶を済ませ
試し振りした感覚を思い出しながら場所を変えて自分のロッドを振り直してみる。
確かに違う。当然欲しくなる。ジギングロッドも欲しいが先にフライだな。
買うな?嫌っ、買うねっ!
で釣果は3ヒット、2バラし、1キャッチ。私の投げる射程圏にはやはり塩焼きサイズしかいないようです。
やっぱり参加してよかった!楽しかったです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。