上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.26(Tue):スパンカー
 まだまだ続くスパンカーの内容。
それだけ複雑といことです。
先日、kayak55.comのチャン松さんがファルトボートの
組立の動画を見ていて‘あっ’と思ったんです。
これいいじゃん!!ランディングネットでもよく見る
接合部、作ってみました。
ジョイントシステム
でもこれは失敗作、蝶番から出ているパイプが長すぎるんです。
本当は長いほうが強度も上がるんですが重さも上がってしまうんです。
で作り直したのがこれ↓↓↓↓↓。
ジョイント部2
納得の仕上がりです。長さの根拠は収納性です。
ロァーフレームもアッパーフレームも同じように取り外しが
できるようにしています。この蝶番の間隔が後の誤算なんです↓↓↓↓↓。
ランチャーみたい
そのほかに今回のスパンカーには採用していないのですが
こんなお馴染みのジョイントも作ってみました↓↓↓↓↓。
ジョイント部
これもいい感じでした。

 実物大の型紙にフレームを合わせてみました。
合わせてみた1
実は合っているようでアッパーフレームが
10cmほど上方にずれた?上げたため
設計よりも10cmほど大きくなってしまっているんです。
これが今回の最大の誤算でした。
接合部はこんな感じ。
根元

 アッパーフレームのジョイントを上げた分、パイプを切り詰めれば
いいんですがこれはこれでバランスが良かったので
こなまま進めます。
 これも後に記載しますが
普通のスパンカーはフレームを短くすると当然帆も
切り詰めなければいけないんですが、同時に帆に開いている穴?も
開け直さなければいけないのに対して、
私のスパンカーは穴を開けないのでパイプは切断、
生地、帆は切って再裁縫で終わりで簡単です。
なので今回は大きくても試作なのでかまわないのです。
これも今回は採用していないんですが100均にあった
カーテンクリップ。
100均カーテンクリップ
 
 まだまだ帆は張れないです。
次回はロープの処理の話。
完成まで長いのでスルーしてください。
真下に穴を開けるのって結構大変、卓上ボール盤が欲しい!!






にほんブログ村
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。