上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2014.06.29(Sun):艤装
 魚探を買った時におまけで付いてきた、GPSレシバー。
最初はコードが艇の上にごちゃごちゃしちゃうのが嫌で
使うのを止めてましたが、チョとしたきっかけで
使ってみたくなり、でも波などで濡れちゃうのも嫌だし
って考えたのがギアレール雲台。

 レシバーの内部に磁石が設置してあるようで船体の
鉄の部分にくっつけられる構造のようです。
GPS1
 
 そこで得意の塩ビのT型を半分にカットして
アクリル系で1mmの深さに薄い鉄板片を埋め込みました。
埋め込んだ後はアクリル系スプレー銀で塗装。
乾いたらクリアーでコート、さらにアルミテープを貼ってみました。

 高さは魚探より高くならないようにしてみました。
GPS3


 釣行中は魚探を前倒しにして使用しているので
コードが緩みすぎたり、張り過ぎないようにしてみました。
GPS2
 余っているコードは結束バンドで固定してあります。
塩ビを使うときはスクラッチさんのカヤックバーを毎回
参考にしています。
黒塩ビとアルミの感じが
すごく好きで、スクラッチさんの
ブログを見た時はおおーーって
思ったものです。
以後塩ビを使うときはすべてアルミパイプカバーです。
 
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。