前回のノーバイトで恥をかいてしまった釣行でしたが?
そう思っている時点で、うぬぼれている発言ですよね。
しかし記録としてはいい釣行だったのは負け惜しみではないです。

 それはそれとして、
前から気になってしょうがない、出来たってしょうがないフライを
作ってみました。
 スイッシャーフライです。これ↓↓↓
スイッシャーフライ
もちろんネオジム磁石使用。
回転良好!!
回る
水面で回転最高ということは
キャスト時の空中でも回転最高ということなんです。
これは最初に言った出来てもしょうがない理由です。
キャスト時に回転してしまうと飛距離が出にくくなってしまうからです。
まぁ~葦際とかストラクチャー周りのショートキャストならと
釣れるか分からないけど作ってみたんです。
 尾びれはスイッシャーが回転した時に
ボディーが一緒に回転しないように
回転防止のためのキール代わり。
なのでいろんな形に形成可能です。

 ボディーは前回より太目に制作して浮力を
増てあります。
太目
ボディーは容易につぶれます。
つぶれる
そして曲がります。
曲がる

 私の作るフローティングワカサギフライはこのように
つぶれて、曲がるようにできています。
磁石を使っているのもそうですが
釣れてもすぐに壊れてしまうようではダメですからね?
(笑)釣れてもいないのに釣れた時の心配?
 でもこのフライはポッパーよりプレッシャーを与えず
アピール力はあると思います。
スイッシャーの‘シャー-’っていう音がちゃんとしています。
この音を聞いた時はチョッと笑えました。
こんな小さくてもスイッシャーのあの音がする!!
‘シャー-’っていう音がね。

 さて前回アタリなしの状況を体験してしまったんですが
ではどんなフライなら釣れるんでしょうね?
スイッシャーフライと同時に考えてはいるんですが
なかなか、いいのが浮かびませんね?
正直うと絶対釣れると思っていましたから。
アピール力が弱いけど見たことがない疑似餌には
対外スレてなく、まぁ~釣れるでしょう。なんて思っていましたから
うぬぼれ、甘く見ていた。
釣れるフライなんて・・・・・。
ルアーもそうだけど難しいね?

 でも作んないとね。

スポンサーサイト