上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016.05.20(Fri):浮物語-works
 去年から度々見ることがあったタイラバのタコベイト。
釣りに行く予定は無いですが買ってみました。

以前自作でヘッドを大量に作っていたので
合体させてみると。
今までのヘッド1
あれれ?真横にタコベイト。
なんだか釣れる気がまったくしない姿勢です。
大量に作って調子にのって知ってる人に
あげなくて良かったと安心するばかり。
ただ結び目の位置が変わると
今までのヘッド2
そんなに悪くないような?

このヘッドとスカート?タコベイトの
位置関係は何が正しいかわかりません。
セブンスライド?の錘は個人的には
少しはマシな位置関係に感じました。
ただ私が狙っている棚は100m前後なので
基本70gを使用しています。いや使用していました。過去形。
セブンスライドの錘は引き抵抗が大きい過ぎて
一回使ってお蔵入りし、自作したと言う訳です。(60gはわかりません)
自作したヘッドは70gですがセブンスライドの60gより
同じ位かそれより軽いうえ、着底が早いです。
しかし、あんな姿勢はありえないです。
そこで、穴をもう一つ増やして、再度型を作り直して
鋳込んでみました。まずは通常?斜め引き用と勝手に解釈。
2way1
コレは今までどうりです。
次に改良型、垂直引き用?
2way2
どうでしょうか?
中通し錘でもいい気がします。
こっちの方がいいと思いませんか?
釣りに行く予定が無いので塗装はしてないです。
なんとなくですがタイラバってスカートにバイトしてくるより
、ヘッドにバイトして、そのアタリであわせを入れるて
鯛の口付近にフッキングしているような気がしています。
こんな事していなくても釣っている方々はいっぱい居ますので、

今回もフライタイニング同様、気がすむ心理と言うところでしょうか?

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。