今年前半戦の締めくくり出艇です。

波打ち際にカヤックがいっぱいならんで出艇準備渋滞で早々に沖に向かいました。

 ポイント付近到着。子シイラ、ペンペンが跳ねています。
釣りをしているとボイルも上がりました。
活性は高いようですが私のいるにはサバすら釣れません。
ここのところそんな釣りが続いています。
あまりにも反応が無いので、もう少し棚を浅い所に移動するとあたりです。
サバが釣れ続けます。
食材確保したところでイトヨリを追加して今回も大きく移動です。

今回の目的である電動リールを使ったジギングとインチクです。
一気に沖に向かいます。

 最初は150gのインチクからです。落下速度が遅いです。
基準は200mにしました。着低後、電動リールを巻き上げます。
巻き上げ速度は回転するスプルーで判断しました。
しばらくやっていると、アタリです。巻き上げてみるとユメカサゴ?です。
ユメカサゴ
気を良くして再度投下です。アタリはあってもノリませんでした。
そのうちアタリも無くなり、今度は電動リールジギングです。
やっぱり着低まで時間がかかります。
これはうるさかったです。
リールが古いのもありますがリールが唸り過ぎです。
それでも続けていたら深海根掛かり!
どうあっても外れなかったのでラインを切りました。
ここで電動リールは終了ですがアタリ、釣果もあって楽しかったです。
 沖でfishboneさんとお会いしてメーターシイラにカヤックの下に入られて
ロッドを折られてしまったようです。(笑顔でした。ネタありがとうございました。)
ロッドポキリfishboneさん

 今度は150~170m位で手巻きでやっていましたが
ぜんぜんアタリが無いので帰るつもりで岸よりでやってみて
アタリがないようだったらそのまま
沖上がりにするつもりで60m付近でジキング。
一投目から早々にアタリがあります。
数時間ぶりのアタリでサバとわかっていても、いい感触で楽しいのもです。

 その直後にHさんにお会いしました。
ご挨拶したところ、知っていただいたようで
サバが釣れないとのことで
「ここで釣れましたよ。」って言ってるやさきに
「アタリましたよ!あ~でもサバじゃないみたいですよ?シイラかも知れないですね~。」
と話をしている最中に少し離れたところでフリーダムで
スタンディグしているささやんさんにシイラがかかり
羨ましいジャンプをしてくれています。
Hさんに「私が釣るシーバスやシイラは竿を立てても跳ねてくれないんですよ~。」
と竿を立てて遊んでいました。
私、「もしかすると青物かも知れないですよ~。青物だったらいいなぁ~。」
Hさん「でも良いのがかかってますよね~。」
ぜんぜん上がって来ないです。
前回、前々回もそうでしたがドラグが少し緩め?
だと感じ今回はキツ目にしてポンピングと手首で
魚に走られても煽った竿と手首で調節して実質ラインは出ず
魚との距離は変えないように遊んでいました。
私、「あと30mです、20mです、10です。あれ魚見えないですねぇ~?」
ナイロンが入っても魚が見えません。
それでも巻いていると艇の下から「もぁ」って浮いて来たのがこれ↓↓↓↓↓
75cm鯛
Hさん、「ナンダこれ?頭デカい!動画撮りました?」
私、「シイラだと思って撮って無かったんです。」
Hさん、「もったいなかったですね~。」

 そうなんです。てっきりシイラだと思い
動画アップがシイラばかりだとつまらないので回して無かったんです。
今でも後悔しています。仮に青物の可能性があるんだったら、回すべきでした。
また今回、鯛を釣ったジグのフックも錆びていて
錆びたフック
改めて何が起こっても万全にしておいた方がいい!と痛感しました。

でもこれでHさんには顔を覚えてもらえたようです。

 なんかのきっかけでHさんの動画に行き着いてカヤックフィッシングという物を知り、自分もやってみたいと思ったきっかけを作ってくれた方だったの本当にお会いしたくて仕方がない方だっただけに今回Hさんの前で釣れたのは本当に嬉しかったです。

この日はカヤックがいっぱいいたんですが私、Hさん、サネッティさん、Ryujiさんしか浮いておらず、着岸時に皆さんに写真を撮っていただきました。
また83さんにこんな大物賞を戴いちゃいました。ビックリで嬉しかったです。
大物賞
83さんありごとうございましたm(__)m

本当に運で釣れちゃいましたが本当にいい前半戦折り返し釣行でした。

 私のストリンガーは先端を斜めにカットしてあります。
ウェーディングしていたときから使っていてもう錆び錆びです。
ストリンガー

 今回の鯛は前回のに比べて思っていたより美味しかったです。
台所鯛
75cm、5.9kg。胃の内容物は無しでした。
 

 最後に電動リールインチク動画です。
スポンサーサイト