上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.23(Tue):製作日記
 日曜日に釣れてしまった。鯛ですが
先日、キオラさんが鯛の歯、顎標本の写真を見て面白いなぁ~。
なんて思っていましたところ、偶然に私にも
今年、2匹目の鯛が釣れてくれまして
早速挑戦してみました。
まずは可能な限り食べられる部分は捌いておきます。
そして熱湯20~30分煮ます。煮汁はおじやで美味しかったです。
頭部をシンクに出して歯ブラシなどで骨以外の部分を洗い流します。
落ちなければ再度、熱湯に入れて肉、結合組織等を柔らかくして
シンクに移して洗い流します。これらの作業を繰り返します。
鯛頭骸骨1
これがマダイの頭骸骨です。
前回、かぶと煮を作るときにどうしても頭を半分に出来なかった訳がわかりました。
鯛頭骸骨2
眼球もデカかったです。

 自宅にストリンガーを付けたまま帰宅し家族に見せている最中に
歯が欠けてしまい。
折れた歯
欠けた部分の一部が見つからず仕方ないので
補綴することにしました。
歯科技工士である私にとってどうと言うことのない作業!!
補綴後
イマイチですがほとんど遊びなのでこんなものかと。
前からは
唇側面観
下の歯は生え変わる途中でした。

 なんかプレデターのコレクションみたいです。
今後どうゆう風にするかネット検索して完成させるか検討したいと思います。

 
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。