フライで初めてバスを釣ったのがロイヤルコーチマンというこのフライ。
ロイヤルコーチマン
コーチマンとはちょっと違いアレンジを加えてますが、
河口湖でよく使っていました。
が、フライをやらな過ぎていていろんなマテリアルにもついていけず
ちょっと目についたトラウトガムっていう素材。
 今回作るにあたってどうしてもキールにしたくて
その方がロストも少なく、使い勝手がいいですし、
フィールドを
選ばないという利点があります。
フィールドによってフライパターンを変えてると作っているのが大変なんです。

 それでこんな感じのを作ってみました。
バーティカルフライ
トラウトガムには鱗模様のホロシールが貼ってあります。
CDCハックルにしてみました。
つづてカラーをブラックに。
トラウトガムバスフライ
ボディはグレーでハックルはマラブーのチャートにしてみました。
フックのシャンクにはキールになるように
重りをひいてあります。
ブラックの方がクリアーウオーターでもマッディでも
いけるでしょう??

 シラスフライのように明らかにそのものをイミテートしているフライと
なんだかわからないフライ、
こっちの方がなにげに難しいです。
でもこのパターンでフィールドに挑んでみたいと思います。
スポンサーサイト