いろんな方がフライタイニングにおいて
ワカサギを作っているようでストリーマーの延長なのかも知れませんが
フローティングワカサギはチョッと異質に感じます。
 それはフライフィッシングの輪郭のギリギリの縁に
位置づけられているような感じがしているからです。

 私が作ったフローティングワカサギです。
ワカサギ完成
尻ビレ意外は再現してあります。
 今の私にはこの位が限界です。
もう少し見ればクオリティーが上がるのでしょうが
もちろん、なんでもそうですが
下を見ていてもしょうがないんですが、
上を見ていてもキリがないんです。
なので一区切りとして今回はこの段階でアップしました。

上半身をアップで見てみるとこんな感じです。ピンボケですけど。
ピンぼけ
上からはこんな感じ。
上からワカサギ
ヒレがあることでより、ワカサギ感が増しているように感じます。


 でもですよ、じつはフローティングワカサギって、
ボイルがないところでは使い物にならないんですよ。
知っていましたか?
たしかに、ここまで作りこんでいれば、回遊ポイントが分かれば
浮かせておいて、バイトしてくることもあるかもしれません。(いつかはわかりませんよ)
いわゆるほっとけメソッドっていうやつです。
 でも、このフライの最大の欠点っていうの?
その形状がフライをキャストする際に回転してしまうということなんです。
ボイルがあるところにピンスポットで投げられれば、間違いなく
釣れます。これは間違いないです。100%です。
何回も投げるフライではないんです。ティペットがよじれて
下手すると着水した後にフローティングワカサギが水面で
クルクル回ってしまいます。こうなうと何がいても釣れません。

 ただ、今の時代2gでもベイトでキャストできる時代に
1g前後のフライをスピニングで投げないでここまでやって
これはフライというのはどうかと思いますが、どうでしょうか?
フライは軽くて小さいものを遠くにキャストする釣方じゃないですか?
自分でやっておいて言うのもなんなんですが
ここまでくるとルアーじゃないでしょうか?
軽いルアーをフライでキャストしたこともありました。
その時もリップが邪魔でやっぱり回転してしまいました。

 やっぱりただの出来ず嫌いなんです。
スポンサーサイト