昔のバスバグ用フックはシャンクがこんな感じの形体。
バスバグフック
このフックは錆びてしまいます。
そこでという訳ではないのですが近くにフライのマテリアル等が
売っていない、あっても品数がないので回転しないようにしてみました。
回転防止
アロンで固めます。意外とがっちりしています。
 つづいて、バルサをカットします。
バルサカット
バルサをカットするときはけして引いてはいけません。
引いて鋸入れすると縁がが欠けてしまうからです。

 カットが終わったらヘッドの形成をします。
ヘッド形成
 形成後、フックに固定します。
フック固定
 固定の仕方はヘッドの溝にフックを入れた後に
アロンを流して、アロンを瞬間的に硬化させる硬化剤を
塗布して発砲させ、硬化した発砲でも回転しないようにして
さらにパテなどで溝を埋めてしまいます。
意外とがっちりしています。
試しに壊してみたんですけど、
まぁ~普通の強度でした。(分かりづらいですが)

 このあと表面が滑沢になるまでラッカーに漬けて塗装します。
続きは次回に。
スポンサーサイト