どうゆう状態からのアプローチにしても
シンキングラインを使えば生じるフライの根掛かり。
それを回避する方法はやはりフックの形状。
そうキールフックです。
捜していたんですが、もうほとんど販売されていません。
それは、いとも簡単に作れてまうからだと気づきました。
 チューニングはフックの太さ、素材?にかかわらず
できるようです。キールにした後のフックの強度は
そんなに不安になるような感じではありませんでした。
 
 今回私が選んだフックは海での使いたいので
タチウオ用フックでフックにホロ加工がしているのもでした。
(安価だったからです)
タチウオ針
これを熱してすぐに屈曲します。
タチウオ針キール
屈曲する位置はラインアイのすぐ後ろで十分です。
そこにマイラーチューブやEZボデイーを巻いて。
マイラーチューブ

EZボディー
腹部を表現する白いマテリアルを巻きます。
白巻き
その後カシミアのオリーブを巻き
オリーブ巻き
さらにカシミアのダークオリーブを巻いて
アイを付けて淡水ベイトの完成。
ダークオリーブ巻き後、完成
素材とボリュームを変えて海用に。
海用

 このフライの制作の注意点は腰の弱い
材料は使えないということです。絶対ダメ!!
それはフライをリトリーブ中にどうしても起きてしまう水中での静止。
フライが止まって沈んでしまう時にフックのシャンクから
巻いたマテリアルがフワァ~~っと離れてしまうからです。

 実際、リトリーブしていた時の形状と沈もうとしている
形状が変わってしまうということは、生体的にありえないことから
水中にある状態は常に一定であることがストリーマーの
絶対条件だと思っています。

 あとは使って釣らなくちゃ。
スポンサーサイト