上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 ワカサギフライはもういいかなぁ~~??と
思ったんですが淡水ベイトなら、いいんじゃない?
そうそう、ワカサギとクチボソとは違いうからね!

 実は前回のフローティングワカサギの縦浮きタイプは
安定して縦に浮いてくれないという決定的な欠点が
発覚してしまって、6cm~6.5cmのフライを作るのに
3Dアイシールは4mmが必要で、それがどこにも
売っていなく、またウレタンを最初に覆うマイラーチューブも
今は入手できない状態から、ある方に今月中に
発送しておくと、伝えていたのですができなくなてしまいました。
材料がないのではしょうがないです。

 このフライは普通のフックを使っちゃうと
ちゃんと浮いてくれないんです。
基本的なミスでした。
 フライは基本的にフックのゲイブを出した方が安定します。
がゲイブを出してしまうとフライがフックから離れて見えてしまうという
欠点もあります。
 今回は海水でも使用できるようにタチウオ用のフックを
使ってみました。
淡水ベイト
こんな感じです。
ヒレも胸びれと尾びれだけにしました。

 動画ではトリプルフックも使っています。
こっちのタイプはネオジム磁石を内臓させて、フックがくっつくように
しています。
両方とも浮き姿勢は完璧でした。
この位のものが作れれば安心して、もらっていただけると思います。
1.2gでなんとかシングルハンドでもキャストできるでしょう?
早く、材料入荷しないかなぁ~。


 動画はこちら
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。