上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2015.05.04(Mon):浮物語-works
 この前の記事で型枠があればいくらでもって
書きましたがこれもまた、型があるので
容易に欲しければ作れます。
このオリジナルヘッドはセブンスライドのより
10g重くても引き抵抗を軽くなるようにしてあります。

 今年は螺鈿タイラバで
螺鈿タイラバ1
これもメキシコブラック、ニュージーランドブラック
ピンク。
螺鈿タイラバ2
下側はナチュラルで
螺鈿タイラバ3

このアワビシールには上下?みたいなのがるようで
見る方向によって黒く潰れてしまう方向があります。
ようは発色しない方向を魚に向けてしまっても
しょうがないのではないかとブラック、ピンクは
貼る際にチョッとした確認をしました。

 ナチュラルの場合は場所によっては
黒い筋模様がなく物足りない感じになってしまうので
ある程度ランダムに切ったシールを使用した方が
発色は良くなりました。
 赤色、オレンジも欲しくなってきました。
スポンサーサイト

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。