2013.01.27(Sun):艤装
 現在のところギアレールは何の問題もなく機能をしてくれている
ということで左側にも追加してみました。

 以前、タツヤさんにお会いした時にタツヤさんのロッドホルダーを
見せていただいた時に大は小を兼ねるとお聞きして
私も一回り大きいロッドホルダーを新しく製作してみました。
大は小を兼ねる
 でどうせならとギアレールに相互できるようにしてみました。
ギアレール緩衝
 ギアレールは艤装する前に必ずテストレールで仮製作したから艤装しています。
下の写真は短いテスト用のギアレールです。
ギアテストレール
 そうしたあとに前回みたいにガムテープで仮止めして穴を開けて
ネジどめをします。
ギアトラックはメネジを使用しないようですが
ギアレールは幅を狭くしなければいけないので
オスネジ?おネジ?の頭を半分に切って、
裏からメネジで固定しなければいけません。
その際に絶対必要なのが下の写真のメネジドライバーです。
これは?これも自作しました。(今回も削りカスはキープ)
メネジドライバー
 普通はおネジを回してネジを固定するのですが
ギアレールの場合それができないので
どうしてもメネジを回してネジを固定しなければいけませんでした。
これが一番の考えどころでした。
みなさんもご存知なのかもしれませんがこの「なんとかジョイナーは」
上部から中央側のネジ止めが困難なんです。
そのためオスネジの頭を半分にして中央側に寄せることことで
上部構造を締め上げた時にレールが浮き上がらないようにしています。
しかしながらおネジを差し込む分レールの一部を凹ませる形状を
取らなければいけませんでした。
正直、妥協の上の妥協でした。
やろうと思えばできなくはないんですが....無理かなぁ~~。
でもなんとかここまで来たんで個人的にはいい方?
妥協がちょっと気にはなりますが
しょうがないです。
セットアップはこんなかんじです。
ロッドホルダーセットアップ
塩ビからは一歩卒業した感じです。
今回はスピニング用ですが現在、ベイト用も制作しています。

 ホビーカヤックのシートより後方にはギアトラックが付けられそうな場所が
あるみたいです。まだ計測はしてないんですができれば正規品を
一つは装備したいものです。
ダメならギアレールでいきますけどね!
自分の艇が徐々にですがスッキリしていくのはいいですね!
塩ビもいいのですが出艇の際にセットアップに
時間がかかりすぎる欠点があります。
早く出艇したところで釣れるっていうわけじゃないのですが
それが釣り師の性分なんでしょうか?

 さて次はRAMですかね!






にほんブログ村
スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://5150472.blog.fc2.com/tb.php/82-b1c79cdb
Secret