上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.08(Fri):艤装
 以前から試したくて仕方なかったギアレールとRAMの相互!
やっとボールマウント付のロッドホルダーを買うことができたので
早速イジリたおしてみました(表現があまりよくありません)

 はじめて手にしたんですがRAMのボールヘッドの硬質ゴムは確かにゴムでした。
台座は硬化樹脂製で台座から伸びた筒状の棒に硬質ゴムのボールヘッドを
付けている感じでしょうか?ゴムの中は金属棒で補強してあるみたいです。

 本当ならRAMから発売されているようにボールの真下にギアトラックと
相互できる座金を設置したかったんですが補強棒があるのでそこはいじれません。
仕方ないので台座に付いている穴を利用する方法を考えました。

 さて純正のボールマウントを使う前にボールマウントに
代わる代用品を見つけていたのでノギスでRAMのボールヘッドを計り、
ホームセンターに行ってその誤差を計って見ました。
するとRAMより2~3mm大きいだけでいけそうだったので買って見ました。
その名も握り玉!
握り玉
 重機を操作するところの先に付いている玉です。
握り玉の下に1.5cm位の塩ビを塩ビ用接着剤で仮止めして
(塩ビ用接着剤と握り玉が接着するか不明)握り玉の中に
オネジがちゃんと入るようにメネジを6個入れて樹脂で固めました。
 出来上がり具合は思っていたとおりでした。
可動も固定もちゃんとしています。
市販されるタイプはこれに台座がある形でギアトラックとの維持関係は
これと変わらないはずです。と言うことは?
このタイプのボールマウントにロッドホルダーを付けた場合、
間違えてロッドホルダーを左回りに回してしまうとボールマウントが
可動してしまう欠点が判明しちゃいました。
回さなきゃいいんですがね?あとゴムヘッドでないため純正の
よりキツ目に絞めないとロッドホルダーが重さでオジギしてしまいました。


 さて次は純正RAMの相互です。中央にネジ穴が付与できないので
もともと開いている固定用の穴を利用します。
穴のサイズはM5でした。今までのネジのサイズはすべてM6で統一してきましたが
今、純正RAMの穴を広げるのはいいとは思わなかったので
ネジのサイズをRAMに合わせることにしました。
ただスコッティの時のように大好きなノブスターが使えません。
塩ビノブも作ってみましたがとりあえずこんな感じで納めておきました。
ネジ比較
 純正RAMと自作握り玉を並べてみました。
ボールヘッド比較





にほんブログ村

スポンサーサイト

TrackBackURL
→http://5150472.blog.fc2.com/tb.php/85-52883bef
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。