上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.02.28(Thu):スパンカー
 今回はスパンカーを開閉させるロープの設置方法。
まずこの滑車を使いたいんです。
滑車
左はアルミ角とリベットで作った滑車。
これを使うと帆っぽさアップ!!
ただそれだけ!でもどうにもこうにも使うところがなく
本当はここの先端につけたかったんですが付けちゃうと
アッパーバーと当たってしまいキーパーの意味がなくなってしまいます。
で次はロープの回し方、最初は
ロープで可動
これもいいのですがロープの摩擦が大きなってしまって
不採用。で結局簡単にこれ!
ロープ採用例
続いてロープの下側の断面。
パイプ断面1
このまま使うとパイプのエッジに引っかかってしまうので
エッジは落としておきさらにここで自作滑車を使用します。
パイプ断面2
ちなみにロープは仮です。完成時は白いロープで
もう少し細いロープ1m¥30のを使います。
パイプ中
バッチリです。

 私が制作するスパンカーはクーラーの真後ろ!
こういったパイプなので引っ張るガイドを作っておかないと
もしスパンカーを使用している時に魚をクーラーに
入れようとした時にロープが邪魔にならないようにするためなんです。
でも、せっかく銀色のアルミパイプに対して
黒い部分が多すぎてなんかカッコ悪く見えてしまったので
結局、ロープ塩ビガイドはここまでやって不採用です。
 今、考えている方法は単純にブログリンクさせていただいたいる
スクラッチさんが作っているスパッカーホールにさすタイプの
手すりみたいなものを塩ビで作って・・・・?
実は以前から塩ビのロッドホルダーを固定するために
スカッパーホールに塩ビをさしていたので
あとは取手状に塩ビを組めばすぐにできてしまうんです。
そこにロープを回しておくのが一番簡単ですし
スパンカーもクーラーも開閉が楽なような気がします。
これはスパンカーが出来た時にアップできたらいいと思います。

 最後に前回収納性のことに触れましたが
収納時はこんな感じです。
上下ジョイント2
上下ジョイント1
スッキリしてますよね?
ネジはわざと長いままにしてあります。
これは完成しても短くしません。あくまでも
試作なので。試作が完成しても完成形のスパンカーは
作らない予定です。
今、考えられることは一通りやりましたし、
あとは艇に対してどのくらいの高さが帆っぽく見えるかで
いい気がします。
さていよいよ次回は完成です。
がその前に芦ノ湖のウェーディング、ダブルハンドデビュー。
カヤックに乗れるのは3月の下旬位は4月上旬になりそうです。





にほんブログ村



2013.02.26(Tue):スパンカー
 まだまだ続くスパンカーの内容。
それだけ複雑といことです。
先日、kayak55.comのチャン松さんがファルトボートの
組立の動画を見ていて‘あっ’と思ったんです。
これいいじゃん!!ランディングネットでもよく見る
接合部、作ってみました。
ジョイントシステム
でもこれは失敗作、蝶番から出ているパイプが長すぎるんです。
本当は長いほうが強度も上がるんですが重さも上がってしまうんです。
で作り直したのがこれ↓↓↓↓↓。
ジョイント部2
納得の仕上がりです。長さの根拠は収納性です。
ロァーフレームもアッパーフレームも同じように取り外しが
できるようにしています。この蝶番の間隔が後の誤算なんです↓↓↓↓↓。
ランチャーみたい
そのほかに今回のスパンカーには採用していないのですが
こんなお馴染みのジョイントも作ってみました↓↓↓↓↓。
ジョイント部
これもいい感じでした。

 実物大の型紙にフレームを合わせてみました。
合わせてみた1
実は合っているようでアッパーフレームが
10cmほど上方にずれた?上げたため
設計よりも10cmほど大きくなってしまっているんです。
これが今回の最大の誤算でした。
接合部はこんな感じ。
根元

 アッパーフレームのジョイントを上げた分、パイプを切り詰めれば
いいんですがこれはこれでバランスが良かったので
こなまま進めます。
 これも後に記載しますが
普通のスパンカーはフレームを短くすると当然帆も
切り詰めなければいけないんですが、同時に帆に開いている穴?も
開け直さなければいけないのに対して、
私のスパンカーは穴を開けないのでパイプは切断、
生地、帆は切って再裁縫で終わりで簡単です。
なので今回は大きくても試作なのでかまわないのです。
これも今回は採用していないんですが100均にあった
カーテンクリップ。
100均カーテンクリップ
 
 まだまだ帆は張れないです。
次回はロープの処理の話。
完成まで長いのでスルーしてください。
真下に穴を開けるのって結構大変、卓上ボール盤が欲しい!!






にほんブログ村
2013.02.24(Sun):スパンカー
 今回はちゃんとした形のスパンカー。
下のアンダーバー?ロァーバーの角度が
左から80°、85°、90°
スパンカーデザイン
このバーの角度はスパンカーをどこに付けるか、どの位置に
付けるかで変わってくるとかんじました。
 私の場合はリアハッチとクーラーの後ろ
クーラーの後ろはクーラーの上ではなくほぼ真後ろ!
真後ろにスパンカーを付けるということは
アンダーバーが90°だとカヤック本体にアンダーバーが
当たってしまうということ。
だからといって艇とスパンカーをあまり離さないような設計にしました。
フレーム全体はこんな感じです。まだリベット止めしていないです。
ギアレール相互フレーム。
スパンカーフレーム
スパンカー全体像1
下方に蝶番がついているので開閉します。
スパンカー全体像開閉
上部はマグネットを付与。
マグネット固定システム
 
 ここまで作ったんですがアッパーバー?オーバーバー?
可動するアッパーバーの形状を四角のアルミを使用したため
重くなってしまい、これは失敗!!

 既にバラしてパーツ取りしています。
それよりギアトラック スライドレール スリムタイプと
スクリューボール RAMマウントが販売されましたね。
ジョイナーと違ってちゃんとしてるなぁ~。
ギアレールじゃなくってスライドレールだって
なんかいじけちゃいます。
でもなんか高いです。
あれに変えようかな~~。






にほんブログ村










2013.02.21(Thu):スパンカー
ウィングスパンカー全体像
前回のアップしたパーツをビス止めしてみました。
全体的なイメージはこんな感じです。
絵に書いたようにできていると思います。
上部接合部は↓↓↓
ウィングスパンカー上部接合部
この部分はネオジム磁石で接合部をパーツの維持補助をさせています。
詳細はまた今度に。
 Ephemeroptera(エフェメロプテラ)ウィングスパンカー関節接合部。
ウィングスパンカー下部接合部

 これで二本の筋を屈曲して縫い合わせれば完成です。
湖に行くときに付けても大丈夫そうな感じです。





にほんブログ村


2013.02.17(Sun):スパンカー
 現在、急には必要ないスパンカーではありますが
必要でないのなら、デザイン重視で考えてみました。
変なのが作れるっていうことはちゃんとしたのも
作れるってことだがまずはこんな感じに↓↓↓↓↓。
ウィングスパンカー
 
 さてどうやって作っていいか分からず
一番の頭を悩ませた接合部!!
頭の中で一生懸命作業して、かなり一生懸命作業して、
材料はアルミとステンレスのみ!
まずはロァーフレーム接合部ジョイント。
Lowerジョイント
でこれで帆に角度を付与します。
Lowキーパー
イメージはこんな感じ。
Lowerside
パーツができたらメインポールにビス止めします。
Lowウィングフレーム横
斜め後ろからはこんな感じ。
Lowウィングフレーム
続いてアッパーフレームの接合部の作成。
Upperキーパー
このネジ部分をパイプフレームに挿して接着しまし
メインフレームにビス止め。
ウィングフレーム

 このブログは写真が多いとブログが止まってしまうため
今回はここまで続きは次回に。

 作るのってなんか楽しいぞ!





にほんブログ村
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。