上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2017.04.26(Wed):艤装
 去年のGWは祖母が他界したため田舎に
行ってきたので釣りはパス。
田舎
この先の釜石市小佐野まで
途中水沢で交通死亡事故で2時間の足止め。
まぁ~遠かった。

 さて、久しぶりにカヤックを出して見てみると
ドーリータイヤがパンク?
パンク裂け目
いや?これもうダメだな??
軸も錆びてるし。
軸サビ
軸はステンレス系じゃないのですぐ錆びますが
ゴムが切れてしまったはもういいや。
 この切れてしまったタイヤは
¥480位だったと思います。
今回は少し高めの¥1400
¥1000で落札した方もいたみたいです。
前回よりも軸の長さが必要だったので
使い残ったステンレス棒に穴を開けて
新しいタイヤ

パンク?
一番細いタイヤは最初からドーリーについていた
タイヤです。
 さすがに2年以上使っていないとこうなりますよね?
すぐできるからいいですけど、
あとクモの巣もはっていました。

 保管しているときは細タイヤ。
いつ行くかわからない釣行用は新しい方と
使い分けすることにしました。

 あ~、真鯛ってミドリが好きなんですって??
 去年の仕事納めの朝にのど風邪をひいてしまって
冬休みに入ったらカヤックでも?と考えていたのですが
やっぱり、やめておこうと気が緩んでしまったのか
わかりませんが、幸い熱、関節痛もなく痛いのは
のどだけ。
30日まで年明けの仕事をのんびりやって
元旦に管理釣り場は営業してないか
検索してみるとやっていました。
リヴァースポット早戸。
本当は海の魚を食べたいんですが
今回は魚信と食のため管理釣り場に
行ってきました。

 薄暗いときから始められましたが
なかなかヒットせず、明るくなってきて
いいサイズ。
元旦マス
その後はポツポツで拍子抜け?
思っていた以上にヒットしませんでした。
ルアーのお客さんは凄い釣っていたのが
少しショックでした。
管理釣り場はフライの方が有利だと思っていましたが
そうではないようです。
いや?ティペットが太かったに決まってる??
最初は1.5号でのち1.0号、もっと落とすべきだったか?
 午後になって咳が止まらず、久しぶりすぎる釣行で
気酔っていたのか?背中が痛み出したので
14時過ぎには止めてしまいました。
結果、40匹位で体調も悪化。
でも熱は出ず、3日に休日診療所で
薬をもらいました。

 今回釣ったマスは燻製、寿司とイタリアン風にバジルソースで。
イタリアン
オレンジ色で綺麗で美味しかったです。

 次は海に出たです。
いや?そうでもない!!
 
2016.12.31(Sat):日常
 今年は一日しか休みが取れませんでした。
休みにはいったら久しぶりに
カヤック出そうと思ったら仕事納めの朝に
風を引いてしまって釣行を断念。
仕事がないときに体調が崩れたのは
ある意味ラッキーでした。
 数時間の休みは取れたんですが釣りに行けるほどではなく
休みは取れませんでしたが、
上の子は国立大学に合格できましたし、いい年でした。
国立っていっても理系なのでお金が\\思っている以上に
かかってしまってチョッと誤算でした。
 釣りに行けなくなると興味が別の方向に向いてしまって
まずは?
エンドリケリー
カエル顔のエンドリケリーです。
他にもラプエン、アンソルギー、デルヘッジ、オルナティピンニス、
ゴールデンセネガル、アルビノセネガルスがいます。
この中のラプエンには驚きました。
なにそれって感じでした。エンドリケリー×ラプラティーって
調べてみるとお互いのいいとこどりではないようで
どっちか寄りのようです。

 それとAlma-Kee Tipmalee
アルマキーチップマリー
とかC. C.G. Roebling 'Sentinel'
C. C.G. Roebling 'Sentinel'
とか
名無し
とか Paph.bellatulum
ベラチュラム

 すっかり引きこもってブログもログイン
しないとだめになっちゃうし、アップロードの仕方も
度忘れしちゃうくらい久しぶりです。
体調悪くても元旦からマス、行こうかなぁ~。

 北海道でフライをやっている方の
ブログを拝見させていただく機会がありまして
北海道のアメマスを狙うときに
使っているフライの一つを紹介してもらったので
さっそくまねをしてみました。
小魚フライ

2016.05.20(Fri):浮物語-works
 去年から度々見ることがあったタイラバのタコベイト。
釣りに行く予定は無いですが買ってみました。

以前自作でヘッドを大量に作っていたので
合体させてみると。
今までのヘッド1
あれれ?真横にタコベイト。
なんだか釣れる気がまったくしない姿勢です。
大量に作って調子にのって知ってる人に
あげなくて良かったと安心するばかり。
ただ結び目の位置が変わると
今までのヘッド2
そんなに悪くないような?

このヘッドとスカート?タコベイトの
位置関係は何が正しいかわかりません。
セブンスライド?の錘は個人的には
少しはマシな位置関係に感じました。
ただ私が狙っている棚は100m前後なので
基本70gを使用しています。いや使用していました。過去形。
セブンスライドの錘は引き抵抗が大きい過ぎて
一回使ってお蔵入りし、自作したと言う訳です。(60gはわかりません)
自作したヘッドは70gですがセブンスライドの60gより
同じ位かそれより軽いうえ、着底が早いです。
しかし、あんな姿勢はありえないです。
そこで、穴をもう一つ増やして、再度型を作り直して
鋳込んでみました。まずは通常?斜め引き用と勝手に解釈。
2way1
コレは今までどうりです。
次に改良型、垂直引き用?
2way2
どうでしょうか?
中通し錘でもいい気がします。
こっちの方がいいと思いませんか?
釣りに行く予定が無いので塗装はしてないです。
なんとなくですがタイラバってスカートにバイトしてくるより
、ヘッドにバイトして、そのアタリであわせを入れるて
鯛の口付近にフッキングしているような気がしています。
こんな事していなくても釣っている方々はいっぱい居ますので、

今回もフライタイニング同様、気がすむ心理と言うところでしょうか?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。